66

古いものを発展させて新しいものを作る場合と、完全に古いスタイルを破壊した後で新たに築く場合があります。

さらに複雑で細かい作品をつくる必要がない以上、古いスタイルを壊した方が手っ取り早いかも知れません。それは音楽の世界でも同様かも知れません。

そして新しいスタイルがどれほどの影響力を持つようになるかは、実際につくってみないとわかりません。

一瞬で消えたバンド「セックス・ピストルズ」が大きな影響を未だに与えているのは、その登場が歴史の必然だったからでしょうか?

 

ピストルズは何を破壊したのか?

1976年11月の英国でシングル曲「アナーキー・イン・ザ・U.K.」によってデビューした「セックス・ピストルズ (Sex Pistols)」はロックの歴史のなかでも非常にユニークな存在です。

アルバム一枚で解散したにもかかわらず、現在でも大きな人気を得ているパンク・バンドです。かれらのように比較的演奏時間の短い曲に政治的または反体制的な歌詞をのせて、単純でも激しいリズムにのせる音楽スタイルを「パンク・ロック」と一般的には呼んでいます。

服装の面でも非常に個性的であり、擦り切れるまできたジャンパーやジーンズ、派手に染めて立たせた髪型やモヒカン刈りが印象的です。

 

これらの歌詞や見た目が意味するところは、当時の世間や大人に対する反抗心でした。

特に当時の英国では高い失業率で多くの人が苦しんでいました。音楽業界では長い演奏時間と難解な歌詞で、自分のメッセージを遠慮がちに伝えるスタイルが支持されていました。

それに対して短い演奏時間でありながらも不満をストレートに伝える歌詞と、激しくても複雑なリズムや場面転換を伴わないパンク・ロックはどう評価されたでしょうか?

少なくとも現在の状況に不満を抱いている若者に、圧倒的な支持を受ける要素は満たしていたようです。

 

ピストルズは何を創造したのか?

米国で他のパンク・バンドのマネージャーを経験したことのあるマルコム・マクラーレンという人物が、英国のパンク・ロックのブームに火をつけた張本人です。

彼は自分の経営していたブテックの常連のなかから、その見た目と雰囲気を重視して決定したメンバーで結成させたバンドが「セックス・ピストルズ」です。

構成メンバーであったボーカル担当のジョニー・ロットン、ギター担当のスティーヴ・ジョーンズ、ドラムス担当のポール・クック そしてベース担当のグレン・マトロック(後日、シド・ヴィシャスに交代)は、マルコムの戦略に乗ることでロックの歴史に名前を刻むことになりました。

 

デビュー曲は大人気となりましたが、あまりにも過激な歌詞が問題となり、レコード会社の方から契約を解除されることが2回続いたというエピソードも、このバンドの存在価値を高める方向にしか働かないようです。

実際には同じレコード会社に所属する他のアーティストが、契約に反対したという事情があったようです。

これだけでも古い体制に反抗するというパンク・ロックの特徴を明確にしています。

 

ピストルズの過ぎ去った音楽業界

パンク・ロックに影響を受けた作品と音楽スタイルを多数のバンドが提供している現在でも、元祖パンク・ロックとして評価される彼らの音楽に魅力を感じる人が沢山いるようです。

それは他のバンドのスタイルを真似ることなく、新しいスタイルを生み出したパワーに敵うものはないからでしょう。

メンバーのジョニー・ロットンは、セックス・ピストルズの米国の「ロックの殿堂」入り決定の知らせに対して、否定的な態度をとりました。

彼にとってロックの殿堂は、老人になったロックミュージシャンの死に場所にすぎないようです。

セックス・ピストルズ、短時間で燃え尽きても強い印象を残す存在

投稿ナビゲーション